設定07 スパムメール対策(2) DMARC

SPF,DKIMのデータを元にメールを振り分けると考えている。
quarantineを設定して迷惑メールにするのよいと思う。rejectを指定するとメールが消さるので注意が必要

DMARCを設定すると毎日、問題がると思われるメールの記録がZIPファイル(中はXML)で送られてくる。問題が発生した場合はこのファイルを見て検討する。

よくあるのは送信元をSPFで記述しているがそれ以外からの送信
SPFに問題があった送信元加えることによりDMARCの対象からはずれる。

DKIMを設定しないとGmail(Google)のDKIMが適用される。

現在、SendGrid経由のメールが迷惑メールになっているので
SPFでSendGridのIPアドレスを登録して迷惑メールに入らないか確認中
だめなら、送信先にSendGridの設定を変更してもらう必要がある。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク