Windowsファイルサーバのファイルを強制削除

  1. Administratorでログイン
  2. 消せる物を先に削除
    rmdir /S /Q  target
  3. 所有権を再設定
    takeown /F target /R /A
  4. アクセス権を再設定
    icacls target /grant administrators:(F,WDAC)  /T /C
  5. 再び削除
    rmdir /S /Q target
  6. ファイル名の最後にスペースやピリオドがあった場合
    rmdir /S /Q \\?\D:\target
    おまじない付けてフルパスで指定する。

残っているものはパスが長いファイルですので、Macから消す
もしくは、サーバー上でフォルダを上位の位置に移動して消す
ファイルタイプによっては、エクスプローラやファインダーでビュアーと結びついて使用中で消せない場合もある。その場合はコマンド(5. rmdir)で消す。

ファイルパスが長すぎるとtakeownで所有者を変更できない。
下位を切り取って上位に貼り付けると所有者を変更できる。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク